高級注文住宅にもデメリットはある

高級注文住宅にもデメリットはある

憧れの高級注文住宅にもデメリットは皆無ということはありません。基本的には良いことばかりであるのは間違いなく、欠点はある意味で無理やりという感じもあるかもしれませんが、少なくとも考えておいたほうが良いとは言えます。最大のものはその高級注文住宅の予算でしょう。当然お金には余裕があるからこそ実現できるわけですが、どんな人でも無限にお金があるわけではありませんし、何にお金をかけるかはその人次第です。建築当初は良くても、時が経過するに従ってお金に対する物の考え方が変わるかもしれませんし、収入が変化することもありえます。家にこれだけのお金をかけるのなら別のところに使いたかったと後悔する可能性もゼロではありません。一般的にこだわりが強くなると考えられることから、ライフスタイルの変化などの理由によって売却したい場合にもなかなか買い手が見つからないケースもあるかもしれず、これもデメリットになる可能性があります。

高級注文住宅を売却する際の注意点について

一般的な注文住宅を建てる場合には、家本体だけで3000万円ほど必要ですが中には高収入のために1億・2億・3億といった価格の費用をかけて大きな高級注文住宅を建てる方も珍しくありません。広々としていて豪華な高級注文住宅は住み心地が良いかもしれませんが、年齢とともに大きすぎて住みにくい、家族が少なくなったのでそんなに広い家は必要がないという場合には、売却を考えることがあります。しかし、2億円近い建築費をかけて建てた高級注文住宅は、高い金額で売却できるか、というと決してそうではありません。あまりにも大きすぎる家というのは買い手が見つからないことが多いからです。収入の多い人であればわざわざ中古物件を購入することはありませんし、広すぎる家は家族が多いご家庭でないと買わないからです。それでも「金額を重視するよりも、大きな家を手放してコンパクトな家もしくはマンションに住みたい」というのであれば、早めに手放しましょう。